胃ろうをしていても老人ホームに入れるのか

胃ろうは医療行為なので、老人ホームでは対応できないと思われがちです。
しかし、実は胃ろうをしていても、それを理由として入居を断られることはほぼありません。
確かに、数年前までは、胃ろうによる栄養摂取は看護師しか行うことはできませんでした。
ですが、平成24年に「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律」が施行されたことにより、介護士でも研修を受ければ胃ろうによる栄養摂取を行ってもよいことになったのです。
それにより、看護師が常駐していない老人ホームでも、胃ろうをしている人を受け入れられるようになりました。
とはいえ、すべての老人ホームで胃ろうをしている人を受け入れることが可能になったというわけではありません。
介護士の研修が行われていない所であれば、当然受け入れられませんし、看護師がいたとしても、勤務時間内に栄養摂取を行わなければならないなど、何らかの条件が課されることもあります。