胃ろうをしていても入居可能な老人ホーム

胃ろうとは、昔は看護師にしかできない栄養摂取の行為であったわけですが、今では研修を受けることによって介護士でも可能になっています。
つまりは、胃ろうでも受け入れ可能な老人ホームというのが増えたのは確かです
しかし、胃ろうの対応が可能であろうとも、施設の人員のスケジュールの問題でということで駄目ということもあります。
また、看護師であれば基本は可能となるのですが、看護師が勤務している時間に合わせて胃ろうによる栄養摂取をすることになりますから、色々と条件がつくこともあります。
対応自体ができないわけではないが、今は受け入れができないということもあります。
まず、前提となるのが看護師がいること、或は研修を受けた介護士がいること、というのがあることをまずは理解しておきましょう。
どうして胃ろうになったのかというのは色々とあるでしょうが、多くが重度の認知症のためということになります。
その対応が可能であるのかどうか、ということに繋がることです。