「胃ろう」ケアは思いのほか、時間がかかるので

胃ろうでも入れる老人ホームを探す人は、あまり多くいません。ただ将来のことを考慮して、入居者の高齢化による体の老化にともない、将来、「胃ろう」の処置を選ばなければならないことは、誰にでも起こりうることではあります。その為に、医療処置に該当する胃ろうを取り扱える老人ホームを探すことは、非常に賢明な選択ではあるかと思います。

胃ろうのケアは、以前は看護師のみが行うことが出来ましたが、今は講習をうけた介護士でも行うことが可能になりました。その為、胃ろうでも入れる老人ホームの数は、かなり増えました。「胃ろう」「老人ホーム」のキ-ワ-ドで検索すれば、数十の老人ホームにヒットしますし、希望の地域でも確実にいくつかは見つかります。

その際に大切なことは、「胃ろう」の処置をその老人ホームで現在行っているか、過去に行っていたかを確認することです。所属の介護士に研修を受けさせて、実際には、「胃ろう」ケアは一切したことがないという老人ホームが沢山あります。「胃ろう」ケアは思いのほか、時間がかかるので経験のある介護士、看護師が在籍する老人ホームを選ばないと、雑い処理を受けることにより開口部の炎症を起こすことがあったりするからなのです。実際に訪問して確認してからにしましょう。