胃ろう対応の実績のある特養を選びましょう。

一昔前 は「胃ろうのある人は特養には入居できない」というのが普通に通っていました。
たしかに、胃ろうはそのメンテナンスが難しく、いろんな作業をこなさなければならない老人ホームにおいて、さらに要員の負荷が増えることになるので、もっともな話ではありました。
その上、実際に胃ろうのお世話ができるのは、看護師ということに制限されていたので、看護師がいない老人ホ-ム人おいては要員がいたとしても対応できませんでした。

ところが法令が変わり、講習を受けた介護士であれば胃ろうの対応可となり、「胃ろうのある人は特養には入居できないことはない。」という風に変わってきました。
ネットで特養のHPをみると、そこで受けることが出来るサ-ビスが仕様表になっていて、一目で胃ろう対応可能な特養がわかるようになっています。

将来、胃ろうのことも視野に入れている場合、そういうところを選べばよいかと思われます。ただ実際の特養選びの時には、必ず来所して確認をするわけですが、その際には胃ろう対応を受けている入居者の存在を聞いてみることが大切です。胃ろう対応できる資格者が居るということと、実際に今胃ろう対応をしているというのには大きな違いがあるからです。実際にしているところは、ある意味安心レベルが高いといえるでしょう。