胃ろうの場合医療機関併設の施設がおすすめ

数年前までは「胃ろうは医療行為なので特養には入居できない」というのが常識になっていました。
ただ、平成24年の法改正で研修を受ければ介護士でも胃ろうによる栄養摂取を行えるようになり、看護師が常駐していない時間帯のある特養であっても受け入れが可能となりました。
ただ、その判断は施設に任されていて、胃ろうを理由に断ることはできない…というわけではないので、まだ胃ろうの方の受け入れ態勢が整っていない施設では断られることもあります。

一方で入居できる場合が多いのは、医療機関に併設されている老人ホームです。
建物の1階が病院で、2階以上が有料老人ホームになっている施設が増えてきていて、そのような施設は「医療行為ができること」が特徴になっていたりします。
医師も看護師も常に常駐していることもなるので、胃ろうケアには問題がなく受け入れ可能になります。
有料ホームなので特養よりは金銭的負担も大きくなりますが、胃ろうで施設入居を考えている方は、検討されてみることをおすすめします。