胃ろうの受け入れは看護職の配置がポイント

胃ろうを増設されていると、入所できる施設の選択肢は狭まってしまうのではないかと考えがちですが、逆に胃ろう増設により入りやすくなるケースもあります。

経鼻カテーテルという鼻からの栄養剤を入れる管が入っている方は、自分で管を抜いてしまう可能性があります。
そのため、それよりも胃ろうをつくってある方の方が施設側で管理がしやすいからです。

受け入れが可能な施設の見極め方として、看護職の配置があるかどうかです。
有料老人ホームには必ずしも看護職を配置しなければいけないという基準はありませんが。最近では看護職の配置を売りにしている『看護付き』の老人ホームも増えています。
そういった施設であれば、胃ろうのある方の受け入れに対しても比較的積極的です。

24時間配置ではなくても、栄養剤の種類や注入の時間を調整することで受け入れが可能なケースも多いので、看護職が配置されているようであれば直接相談をしてみましょう。
自分で探すことが難しい場合は、お住いの地域の地域包括支援センターや施設の紹介を専門にしている業者さんに「胃ろうでも入れる施設を探してほしい」と条件を提示すれば、紹介していただけると思います。