胃ろうでも入居可能な老人ホーム

介護施設によっては行うことができないような状態の高齢者というのもいたりするので、全てが全てを受け入れることができるというわけではないです。

昔は、その一つとして胃ろうがありました。
かつては、胃ろうによる栄養摂取は看護師にしか行えない医療行為であったわけですが、介護サービスに関する法律によって、介護士でも胃ろうによる栄養摂取というのが行えるようになりましたので、看護師が少ない特別養護老人ホームのようなところであろうとも問題なく受け入れることができるという可能性は出てきました。

ただし、やはり技術的な問題とかノウハウあるいはトラブルが起きた時などのリスクなども含めて考えて、施設によって受け入れ可能かどうかというのはまた別問題になるというのが普通です。
昔ほど受け入れが難しいというような症状ではなくなっているのは確かですが、まだまだノウハウ的に蓄積していないところも多く、受け入れが難しいところもあります。

ですが、看護師ならば可能ということでもありますが、常勤されている看護師がいるのであれば昔から可能であったわけで今でも問題はないでしょう。