胃ろうでも入れるおすすめの老人ホーム

胃ろうでも入れる老人ホームは、全国に増えてきています
口からの食事が摂れない状態なので医療行為である胃ろうを朝、昼、晩の3回受けて栄養を摂る必要があります。

この胃ろうは、医療行為という事で家族以外では、看護師と医師のみが行えるという決まりになっているので基本的には、胃ろうでも入れる老人ホームの場合は、看護師などが常駐している所である必要になります。

ただし、最近では人材不足や看護師が24時間常駐するのが難しいなどの理由から研修を受けた介護士も胃ろうを行えるように変わってきました。

胃ろうでも、入れる老人ホームの中でおすすめな施設は、今後胃ろうから回復して通常の食事に戻る訓練を行ってくれる所です。

胃ろうから回復して普通食に戻る人も何割かいるのですが、そのためには、色々な訓練も必要になります。特に嚥下機能の訓練は、とても大切な物なのでそういう事に力を入れている老人ホームは、真剣に居住者の事を考えてくれているという事なので安心感があります。