胃ろうと実際

胃ろうをされている高齢者や患者を抱えている家族では、介護と看護で大変なようです。
食事は胃に直接注入しますので介護側の負担は少ないように思えますが、ほとんどの方が寝たきりで、体位変換や食事の際の体位を調整するなと、一般の介護に増える部分が大きくなります。
病気をされていない方の介護だと、食事や排泄、入浴、洗面や口腔内の洗浄などが主で、ほぼ全てがその都度となり排泄などは時間を問わず行います。勿論、これは寝たきりや認知症が進行した方の場合ですが、それぞれに介助する方法と質も異なってきます。

介護付きの老人ホームで受け入れる場合、ご家族でされていたことを専門的に行いますが、医療が必要な方にはその頻度と質によって医療施設に移る場合もあります。介護では医療行為は出来ません。
介護付きの老人ホームに入所され、食が摂れない状態になると胃ろうを勧められることがあります。経鼻で栄養を取っている方も点滴をしている方も今後の見通しによっては勧められます。
長い間介護をしてきたご家庭では、胃ろう手術をして延命するか、オペによる本人の身体的負担は無いか、それに耐えられるかといったことで栄養の打ち切りを家族が選択するのが実際だそうです。