老人ホーム受け入れの問題点

胃ろう患者の老人ホーム受け入れの問題点ですが、経管栄養法を取り入れている方の中では点滴をされている方がもっとも難しく、受け入れてくれる可能性は0に等しくなっています。
点滴は医療行為に当たるので受け入れを拒否する施設がでてくるというのは想像できるかと思いますので、その場合は24時間看護師が常駐している施設を探すなり工夫が必要になってきます。
医療型療養病床では、一般の入院ベッドもありますので、そこで手術をされ様子を見て部屋に帰るというふうになります。

介護付き有料老人ホームでも、併設している病院の医師から老衰で物が食べられないと判断された場合、胃ろうが勧められることもあります。ここからはご家族の判断というふうになり、手術をし、引き続きお世話になるかといった選択も迫られます。
ご家族の選択としては本人の苦痛を考える場合と、手術をしても長生きして欲しいという二つの選択肢というわけです。病院にしても老人ホームにしても何もしないでというのは、命の危険にさらされているわけですから、どちらにしても受け入れは不可能です。
鼻からのカニューラで、経鼻栄養法を取られている方も老人ホームでの受け入れは難しくなっています。鼻腔に炎症を起こして潰瘍を作りやすい、気管に物が入ってしまう恐れがあるなどで、受け入れる側としては医療に対して手厚くないということになります。