受け入れ可能な老人ホーム

胃ろうをされている方も受け入れてくれる老人向け施設はあります。
施設の種類としては少なくなりますが、介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム、医療型療養病床などがそれにあたります。
介護付き有料老人ホームを選ぶなら、「鼻腔経管栄養対応可」や「胃ろう」について書かれているところを選ぶようにします。

介護付き有料老人ホームの中には、診療所や医院を併設していることが多く、医療と介護が受けられる所もありますが、全ての介護付きのホームがそうであるかといえば、違います。介護と看護は別物です。併設している医院があるか、常駐している看護スタッフがいるかということになるでしょう。
特別養護老人ホームでは、胃ろう手術をして落ち着かれた方が対象となっています。

医療型療養病床は病院も経営しており、外からは老人ホームのようには見えません。ほとんどの場合、外来受付もし、一般の病院のような機能を果たしています。
受け入れ先を探すのはかなり難しく、空室がでる率も低いようです。
入所出来るところが少ないということは、お試しできるショートステイを取り入れているところも少ないというのも現状です。ですので、在宅介護と在宅看護を導入しているご家族が多いのです。